ニキビ・吹き出物に効く洗顔料・石鹸

ニキビは皮脂の増加によって角化異常(ターンオーバーが過剰に進むこと)が起こり、角質が厚くなってしまうことで発生します。角質肥厚によって毛穴がつまってニキビが発生するのです。そのため、ニキビを治すには角質を穏やかに除去してくれるピーリング洗顔料が有効です。ただし、ピーリングはニキビを改善する効果も高い一方で注意しなければならないこともあります。

高濃度ピーリング洗顔フォーム グリフォーム1300 100g

【内容量】100g
【価格】3,465円(税込、送料別)
【全成分】水、グリセリン(保湿、品質安定成分)、水酸化K(品質安定成分)、グリコール酸(角質ケア成分)、ミリスチン酸、ラウリン酸、ステアリン酸、グリチルリチン酸2K(抗炎症成分)、フェノキシエタノール(防腐剤)

フルーツ酸(AHA)の一つで、角質を剥がす作用があるグリコール酸を13%配合した洗顔フォーム。(多くのAHA洗顔料は、ピーリング成分濃度が5%程度)。AHAピーリング洗顔料でよく使われるリンゴ酸や乳酸ではなく、医療でも使われているAHAピーリング成分「グリコール酸」を13%使用。グリコール酸の良いところは、AHAピーリング成分の中でも一番分子量が小さいため浸透性に優れています。

グリフォーム1300には、香料・着色料・パラベン(防腐剤)・鉱物油・石油系合成界面活性剤・パラベン(防腐剤)等は無添加。パッチテスト済み(全ての方に肌トラブル・アレルギーが起きないというわけではありません)。

ピーリング洗顔料は、顔ニキビだけではなく背中ニキビにも有効です。背中は比較的皮脂量が多く、さらに角質が溜まりやすいところであるためニキビができやすい部分です。

ピーリング洗顔と同じように、背中においてもピーリングを行うことで厚くなった角質が正常化して背中ニキビが落ち着いてくるはずです。また、ピーリングによって古い角質を除去されることでターンオーバーを促進され、ニキビ跡の炎症後色素沈着も早く改善します。

皮膚科でもニキビ治療にケミカルピーリングという高濃度のピーリング成分を使用した角質除去を行っているところもあります。

ピーリングの注意点

ピーリングは肌細胞を積極的に剥がす行為です。つまり、肌老化を促すスキンケアともいえます。そのため、できればピーリングは避けたいところですが、若い時期は肌細胞の働きが活発すぎて角質が厚くなり、ニキビが多発することも多いです。

そこで、厚くなった角質を正常化するために一時的にピーリングを行ったほうが良いケースがあります。ピーリングは若い時期で肌が強い人に向きます。ピーリングは短期間の使用にとどめ、ニキビが改善してきたら使用を中止しなければいけません。ピーリングを長くやり続けると、肌が薄くなって刺激に弱い肌になってしまいます。



無添加シャボン玉石鹸


無添加シャボン玉石鹸 浴用6個入

ニキビは過剰な刺激によって発生することがあります。洗顔やクレンジング、お化粧などが肌に負担を与えてしまうことでターンオーバーが乱れ、ニキビが発生してしまうこともあります。そのため、ニキビ予防のためにはできるだけ肌に刺激を与えない無添加石鹸のみのシンプルな洗顔が理想です。

一般的な石鹸の場合は洗浄力や泡立ちを良くするために「合成界面活性剤」が配合されていたりしますが、無添加石鹸は合成界面活性剤が含まれておらず、純粋に脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムなどの脂肪酸だけで作られています。そのため、洗浄成分としては非常に肌に優しいとされます。

また、一般的な石鹸は香料や着色料も配合されていたりしますが、無添加石鹸は香料や着色料のような本来肌に不要な成分は一切含まれていません。化粧品は基本的に肌に余計な成分を使用していないものが理想です。