毛穴が大きく開く原因とは?「毛穴のひらき」を引き締める方法

開いた毛穴 毛穴が大きく開いた肌は老けた印象を与えたり、毛穴のくぼみが影となって全体的に肌がくすんで見えてしまう欠点があります。また、お化粧のりも悪くなってしまう原因にもなります。

毛穴が開いてしまう原因には以下のようなものがあげられます。

毛穴が開いてくる原因とは?

皮脂中の不飽和脂肪酸によって毛穴が開く?

毛穴が開く仕組み 皮脂中には、アクネ菌やマラセチア属真菌(カビの一種)などの皮膚常在菌によって分解されて産生された遊離脂肪酸が含まれ、その遊離脂肪酸には不飽和脂肪酸が多く含まれています。

不飽和脂肪酸は酸化されやすい性質があり、皮脂中の不飽和脂肪酸が空気に触れて酸化することで皮膚が刺激を受け、炎症や角化異常(角質が厚く硬くなる現象)を引き起こし、長期的には毛穴がすり鉢状に変形してしまうことがあります。

皮脂に含まれる不飽和脂肪酸には、オレイン酸やパルミトレイン酸などがあります。実際にオレイン酸を皮膚に塗布すると、時間が経過するほどキメが乱れて毛穴周辺の角化異常を引き起こすことがわかっています。皮脂が多い人ほど毛穴が目立つのは不飽和脂肪酸が大きな要素を占めるようです。

不飽和脂肪酸が多い皮膚の場所

黒ニキビ 皮脂量が多い部分であるほど不飽和脂肪酸も多くなります。特に鼻、小鼻周辺には額や頬、Uゾーンなどよりもオレイン酸やパルミトレイン酸などの不飽和脂肪酸が多いことがわかっています。

鼻が毛穴汚れが溜まりやすいことや、毛穴が開いた状態になりやすいのは、皮脂が多くてオレイン酸などの不飽和脂肪酸が多いことが原因の一つだと考えられます。

皮脂汚れの増加で毛穴が開く

皮脂 皮脂の汚れが溜まってくると、汚れが毛穴を押し広げて毛穴が開いてみえるようになります。皮脂が増加するほど毛穴が塞がれやすくなり、洗顔によっても毛穴の汚れは落ちにくくなります。毛穴の皮脂汚れが溜まると、それがニキビの芯となって強い炎症を起こしたニキビに発展する可能性があります。

肌の乾燥によっても毛穴が開く?

乾燥した肌の毛穴 肌が乾燥することでも毛穴が開いてくるようになります。実際に、毛穴の開きに悩む女性ほど肌が乾燥している傾向があるといわれます。また、肌の乾燥とともに肌老化も進行すると、毛穴と毛穴がつながってシワ・小じわを形成してしまうことがあります。毛穴がつながった状態を「帯状毛穴」といったりします。

乾燥によって目立つ毛穴は、保湿を徹底することで改善されていきます。表皮が潤いで満たされると皮膚がふっくらしてハリや弾力が増し、毛穴が目立たなくなります。

肌老化で毛穴がたるむ

肌老化 肌が老化してハリや弾力がなくなることで毛穴がたるんで開いたように見えることがあります。年齢を重ねるほどコラーゲンなどの合成力が衰えてきますので、それとともに毛穴も目立ってくることがあります。年齢による毛穴のたるみは、コラーゲン増生を促す美容治療によってある程度は改善することが可能です。

紫外線の影響で毛穴が開いてくる

紫外線のニキビ・吹き出物 紫外線はコラーゲンやエラスチンなどを変性させる作用があります。地上にまで届く紫外線には、UVAとUVBの2種類があり、このうちUVAは波長が長いことから肌の奥まで届いてコラーゲンなどを変性させる働きがあります。UVAはダメージが弱い紫外線ですが、日差しが弱い日でもたくさん降り注いでいますので、美肌を維持するためには日常的なUVケアが不可欠です。

肌老化の大半が紫外線による影響だといわれています。

皮膚病が続くことでも毛穴が開いてくる

脂漏性湿疹 脂漏性湿疹、肌に合わない化粧品の継続使用、慢性皮膚炎、アトピー性皮膚炎など皮膚病変が長く続くと、毛穴が開いてくることがあります。これは慢性的な皮膚の炎症によって肌がダメージを受け、肌老化が進行することで毛穴が開いて見えるようになります。

毛穴が開くのは遺伝や体質?

ニキビの疑問 開いた毛穴を気にする女性は多く、女性の肌の悩みのアンケート調査でも上位が毛穴の悩みをあげる人が多いといいます。毛穴の大きさや肌のキメ細かさというのは、多くが遺伝的な要因が大きいといわれています。色白の人や地黒の人がいるように、肌質というのも生まれもった要素が大きいようです。

キメが整った肌というのは、皮脂と水分のバランスが良い状態をいいますが、皮脂量が多い肌質や反対に乾燥しやすい肌質なども、やはり体質・遺伝的な要素が大きいようです。遺伝的な要因で男性ホルモンの分泌量やその感受性も大きく影響するといわれます。(男性ホルモンは皮脂腺を活発にして皮脂の分泌を促す作用があります)。

開いた毛穴の改善するには?

ローションパック

ローションパック コットンに化粧水をたっぷりと染み込ませ、それでパックすることで劇的に肌水分量がアップし、毛穴が目立たなくなってきます。肌が乾燥すると皮脂が増加したりターンオーバーが乱れたりしますが、水分量がアップすることで余計な皮脂分泌が抑えられ、ターンオーバーも整います。日常的に行うことでしだいに肌質が変化してくるはずです。

また、肌の水分保持の多くはセラミドが担っています。セラミド配合の化粧品を使用することで肌のキメの改善が期待できます。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体ローション ビタミンCは、抗酸化作用、メラニン還元作用、メラニン生成抑制作用、コラーゲン増生作用、皮脂抑制作用などがある成分です。そのビタミンCを肌に浸透しやすいように構造を改良したのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体の皮脂の分泌や酸化を抑制する働きにより、ニキビや毛穴の開きなどの肌トラブルの予防と改善を促すことができます。ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性があります。

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体は、リン酸と結合させた「リン酸アスコルビルNa」や「リン酸アスコルビルMg」などがあります。脂性肌でニキビができやすい人は水溶性のビタミンC誘導体が理想的です。
【Amazon】ビタミンC誘導体10%ローション100ml

脂溶性ビタミンC誘導体

脂溶性(油溶性)ビタミンC誘導体は、イソパルミチン酸と結合させた「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(通称:VCIP)」などがあります。VCIPは「新型脂溶性ビタミンC誘導体」ともいわれ、持続性や吸収性が非常に高いことで知られています。