ディフェリンゲルとトレチノインの効果の違い「ニキビ治療」に効くのは?

ディフェリンゲル(アダパレン) ニキビ治療薬の一つにディフェリンゲル(一般名:アダパレン)という塗り薬があります。それと似た働きをもつニキビ治療薬にトレチノイン(レチノイン酸)があります。この2つは似た作用をもっているといわれますが、厳密には働きに違いがあります。

今回の記事は、ディフェリンゲルとトレチノインの作用や効果の違いについてです。

ディフェリン(一般名:アダパレン)とは?

ディフェリンゲル(アダパレン) ディフェリンゲルは、「ナフトエ酸(ナフタレンカルボン酸)誘導体」を主成分としたレチノイド様作用(ビタミンA誘導体に似た作用)をもつニキビ治療薬(塗り薬)です。日本では2008年に認可されていますが、世界的には2008年よりもずいぶん前から実績があるお薬です。

ディフェリンゲルが日本で認可された2008年以降は、皮膚科医はニキビ治療に対して積極的にディフェリンゲルを処方するようになりました。保険適応です。

ディフェリンゲルの効果・効能

  • 角化(ターンオーバー)を抑制して角質肥厚を予防し、毛穴をふさがれにくくする。
  • トレチノインほどではないですが若干の角質を剥がす作用があります。
  • 特に殺菌作用はありません。

ディフェリンの副作用・注意点

  • 使用中、皮膚がやや赤みやヒリヒリ感を伴うことがあります。ただし、それらの作用は軽度です。
  • 使用中は紫外線に注意する必要があります。

トレチノイン(レチノイン酸)とは?

トレチノイン(レチノイン酸) トレチノイン(レチノイン酸)とは、ビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性がビタミンAの数十倍もあるといわれる成分です。主にニキビ治療やシミ治療に用いられます。

トレチノインは日本では認可されていませんが、一部の皮膚科ではトレチノインを使用した治療を行っていたりします。また、個人輸入などでも購入できます。その際はすべて自己責任です。

トレチノインの効果・効能

  • 表皮細胞の増殖を促す。
  • 角質剥離作用があり、角質剥がしてニキビの芯(皮脂汚れ)や膿の排出を促す。
  • ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)を通常よりも最大で2倍に高める働きがある。
  • 真皮層の線維芽細胞に働きかけて、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの合成を高める。
  • 特に殺菌作用はありません。

トレチノインの副作用・注意点

  • 濃度が高くなるほど、皮膚の剥離、赤み、乾燥、ヒリヒリ感が強くなります。(これは正常な反応ですが、これがトレチノインが使いにくい欠点といえます)。
  • 角質が剥がれて紫外線の影響を強く受けるようになるため、日光に当たる機会が多い人は難しいといえます。
  • 角質を剥がす作用により、洗顔やクレンジングが肌の負担になることがあります。

ディフェリンとトレチノインの作用の違い

効果・効能の違い

  • ディフェリンは、ターンオーバーを抑制することで角質肥厚を抑制し、毛穴つまり(ニキビの形成)を軽減させていきます。トレチノインほどではありませんが若干の角質を剥がす作用もあります。
  • トレチノインは、ターンオーバーを促進させて角質を剥がす作用によって毛穴つまりを改善し、ニキビの芯の排出を促します。

副反応・副作用の違い

トレチノインは皮膚に対してしっかりと反応を起こし、赤みやヒリヒリ感などが現れ、角質が剥がれて乾燥するようになります。一方、ディフェリンゲル(アダパレン)の方は、あまり強い反応は現れず、若干の赤みやヒリヒリ感が現れるだけです。角質剥離作用も限定的です。そういった点ではトレチノインよりもディフェリンゲルのほうが使いやすいといえます。

トレチノインが日本で認可されない理由の一つが、身体に対する作用が強いことがあげられます。

【まとめ】ディフェリンとトレチノインはどっちが効く?

ディフェリンを開発した欧州製薬メーカーのガルデルマ社では、同じ濃度であればトレチノインよりもディフェリンのほうが効果が高いとしています。ただし、個人的にはニキビの炎症度合いによって理想的な対処は異なると思っています。

  • ディフェリンゲル・・・赤みや乾燥などを抑えながら小さなニキビ、初期段階のニキビを改善するには効果的。
  • トレチノイン・・・赤みやヒリヒリ感は現れるが、強く炎症したニキビを早期に改善するには効果的。