ニキビにステロイド外用薬は効果あり?逆効果?

ステロイド外用薬 ステロイド外用薬とは、糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモンの一つ)を薬効成分として合成して作られる消炎・抗炎症作用をもつ塗り薬です。免疫反応を抑制することで皮膚の炎症を抑え、素早く効果を発揮します。主に、アトピー性皮膚炎治療に用いられることで有名です。

ニキビもアトピーと同じように皮膚炎の一つであるため、ステロイド外用薬が有効だと思うかもしれませんが、一般的にニキビ治療にステロイド軟膏を使用することはありません。ただし、限定的にステロイドを使用したほうが良いケースもあります。

ニキビ治療とステロイド外用薬について

ニキビ治療にステロイド軟膏は効果あり?

ニキビの疑問 ニキビは皮膚が炎症を起こしている状態なので、ステロイド外用薬によって免疫を抑制すれば炎症を素早く抑えることができると考えることもできますが、ニキビの原因となるアクネ菌は免疫が抑制されると増殖するため、ステロイドによってさらにニキビが治りにくくなる可能性があります。そのため、一般的にニキビに対してステロイドが用いられることはありません。

また、ステロイド外用薬には一時的に血管を収縮する作用があり、炎症による毛細血管の拡張が改善して赤みが治まるため、ニキビに塗ると赤みがとれて肌がキレイになったように見えますが、基本的にニキビに対してはステロイドは使用してはいけません。

ステロイド外用薬によるニキビ(ステロイドニキビ)

ステロイドニキビ ステロイド軟膏の副作用の一つにニキビが発生することがあります。皮膚には様々な細菌が存在しますが、ステロイドによって免疫を抑制されることで皮膚の細菌バランスが変化し、ニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖したことによって発生します。ただし、ステロイドニキビは比較的軽度のものが多いです。

免疫が抑えられると、通常は病原性の低い細菌が増加して様々な皮膚病をまねくことがあります。例えば、ニキビ以外にも毛嚢炎(毛包炎)というブドウ球菌の感染による皮膚病もステロイド軟膏の使用によって発生することがあります。

ニキビが治った後にステロイドは有効?

ニキビが治った後にステロイドの塗布が有効な場合もあります。その理由は、アレルギー体質の人では免疫が過剰に反応してニキビ痕をひどくしたり、ニキビが治っても炎症物質の放出が続いていたりするため、ステロイドの薬効によってそれらの反応を抑えることができるためです。

ニキビ跡の肥厚性瘢痕の画像 ニキビが治った状態というのはアクネ菌(にきびの原因菌)が死滅した状態であり、にきびの原因そのものは消滅しているため、次は素早く免疫反応や炎症物質を抑制したほうが良いケースもあります。特に、ケロイドや肥厚性瘢痕などが発生しやすい人においては、ニキビが治った後のステロイド外用薬の使用が有効かもしれません。その理由は、ケロイドや肥厚性瘢痕の原因はアレルギー素因が関係しているとされ、ステロイドの使用によって免疫を抑制することで、それらの予防が期待できるためです。

ただし、ニキビが治ってもニキビが再発してしまう可能性もありますし、ステロイドそのものがニキビの発現を促す副作用があることなどから、ニキビ肌にステロイド外用薬を使用するのは、判断が難しいことがあります。

ニキビとアレルギーを併発した場合、皮膚科医の判断は、皮脂が少なくてあまりニキビができないような肌に対してはステロイドの副作用を患者に理解してもらったうえで処方することがありますが、ニキビが多発するような肌に対してはステロイドの使用は控えたほうが良いと判断することが多いです。

抗生物質配合のステロイド「リンデロンVG」

リンデロンVGクリーム ニキビとアレルギーを併発した場合は、リンデロンVGという外用薬を使用したほうが良いケースがあります。リンデロンVGとは、炎症をしずめるベタメタゾンというステロイドと、細菌を抑制するゲンタマイシンという抗生物質が配合された外用薬(塗り薬)です。リンデロンVG軟膏、リンデロンVGクリーム、リンデロンVGローションの3タイプがあります。

ステロイドだけではなく抗生物質も含まれるため、細菌感染や細菌増加を抑制しながら免疫反応による様々な炎症物質をしずめることができます。特に、アレルギーによってニキビ痕が瘢痕化しやすい人は、ニキビが治った段階での使用が有効なケースもあります。

ただし、ステロイドも抗生物質も長く使うほど副作用が現れるため、2週間~4週間ほどの限定的な使用にとどめましょう。また、ステロイドはニキビの初期段階には使用してはいけません。(ニキビの初期に使用すると炎症が長引くことがあります)。