皮脂を抑える方法「にきび・脂性肌・オイリー肌」に効果的な皮脂抑制法

皮脂腺のイラスト ニキビ・吹き出物の原因の一つが過剰な皮脂分泌です。脂性肌(オイリー肌)を少しでも改善することができれば、毛穴トラブルが少なくなっていきます。

今回は、肌トラブルの原因の一つ「皮脂」を減らす方法をご紹介します。

ビタミンの摂取で皮脂分泌抑制

ビタミンB2で皮脂を減らすことができる?

サプリメント摂取の写真 ビタミンB2(リボフラビン)は、脂質の代謝を促し、皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。そのため、ビタミンB2が不足すると肌が脂っぽくなってニキビ、肌荒れを引き起こしたりします。特に鼻の周辺にフケや赤みが現れた場合、ビタミンB2の不足が疑われます。また、ビタミンB2は、皮膚・粘膜・細胞の再生、酸化された脂質(過酸化脂質)を還元する働きなどもあります。

ニキビ治療に対して皮膚科医はビタミンB2錠剤を処方することが多いです。また、市販されているニキビ・肌荒れ改善を目的とした医薬品・ビタミン剤にも必ずビタミンB2が含まれています。それくらいビタミンB2は肌の健康にとって重要な存在だといえます。糖質や脂肪分の摂取が多くなるとビタミンB2が不足しやすくなるため、日本人の中には不足ぎみの人は少なくないとされます。

ビタミンB6は脂性肌(オイリー肌)を予防する!

ビタミンB6 ビタミンB6は、皮膚炎を予防することから発見されたビタミンB群に属する水溶性ビタミンです。たんぱく質や脂質の代謝に関与し、健康な肌や髪の毛をつくり、成長を維持するために欠かせないビタミンです。不足すると皮膚炎を起こしたり、肌が脂っぽくなってニキビ・肌荒れを起こしたりすることがあります。ビタミンB6はビタミンB2とともに摂取すると良いといわれます。

市販されているニキビ・肌荒れの改善を目的とした医薬品・ビタミン剤のほとんどにビタミンB2とともにビタミンB6が配合されています。

動物性脂肪の摂取を控えると皮脂が減少する?

動物性脂肪 脂質を構成する脂肪酸には、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」がありますが、このうち飽和脂肪酸はコレステロールを増加させて男性ホルモンの分泌を高める働きがあります。(男性ホルモンはコレステロールが原料です)。飽和脂肪酸は牛肉・豚肉、鶏肉などの肉類、卵類、牛乳やヨーグルトなどの乳製品といった脂肪分が多い動物性食品に多く含まれ、それらをたくさん食べていると皮脂量が増加してしまうことがあります。

男性ホルモンは皮脂腺に作用して皮脂分泌を促したり、角化異常(角質を硬く肥厚させる現象)を引き起こす働きがあり、毛穴がつまりやすい状態に導きます。思春期にニキビができやすいのも、男性ホルモンなどの性ホルモンの分泌が活発になることが大きな要因の一つだといわれています。

野菜中心の食生活で男性ホルモンを抑制できる

野菜の画像 野菜中心の食生活をおくり、食物繊維を多く摂取することで男性ホルモンレベルを抑制することができます。また、肌代謝に不可欠なビタミンは腸内細菌が作り出すものが重要なものがあり、美肌のためには腸内環境を常に良好に保つ必要があります。1日の食物繊維摂取の目標量は男性19g、女性17gとされています。

代表的な野菜に含有される食物繊維量(可食部100gあたり)
アスパラガス 1.8g かぼちゃ 2.8g カブ 1.7g
キャベツ 1.8g 小松菜 2.1g しそ 7.5g
しゅんぎく 3.6g 大根 1.5g 玉ねぎ 1.6g
トマト 1.2g なす 2.2g ニラ 2.9g
人参 2.9g ネギ 2.6g 白菜 1.6g
パセリ 6.9g ピーマン 1.8g ほうれん草 3.0g
モロヘイヤ 5.9g レタス 1.2g ブロッコリー 4.5g

皮膚温を下げると皮脂分泌を抑制できる?

保湿スキンケア 温かくなる夏場になると皮脂分泌が増加するように、皮脂腺の活動は気温や湿度によって大きく変化しますが、皮膚の温度を低く保つことでも皮脂分泌は抑制できます。他にも、皮膚を冷やすことで赤みが抑えられたり、毛穴が引き締まる効果も期待できます。

洗顔時に冷水で皮膚を冷やす
洗顔のすすぎの時に冷水で1分ほど肌を冷やしてしっかりと皮膚温度を下げることで、何もしないよりは皮脂を減らすことができるはずです。

化粧水を冷蔵庫で保管する
化粧水を冷蔵庫で冷やして使用することで、皮膚温度をコントロールできます。

皮脂抑制効果がある化粧品有効成分とは?

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には皮脂分泌を抑制する働きがあります。ビタミンCをリン酸基と結合させて安定させた「リン酸型アスコルビルMg」や「リン酸型アスコルビルNa」などの水溶性ビタミンC誘導体が使用されることが多く、それらは皮膚に塗布すると結合がほどけてビタミンCの効力を十分に得られることができます。皮膚科でもニキビ治療に積極的に用いられることが多いです。
【Amazon】ビタミンC誘導体10%ローション 100ml

ハマメリスエキス(ハマメリス水)

ハマメリスエキスは、収れん効果(皮膚を引き締める効果)に優れ、ニキビ・肌荒れ防止を目的として主に「さっぱりタイプ」の化粧品に配合されます。肌を健やかに保ち、テカリを防止することから脂性肌(オイリー肌)に適しています。
【Amazon】ハマメリスエキス化粧水 ウィッチヘーゼル アストリンジェント473ml

オウバクエキス

オウバクエキスは、肌を清潔に保つ作用、肌を引き締める作用などがあり、主に肌荒れ予防を目的とした化粧品に使用されます。化粧品メーカーによっては皮脂分泌を抑制する効果があるとうたっているところもあります。

保湿することで皮脂が減少する?

ニキビ コスメ 肌が乾燥すると皮膚の水分量を高めるために皮脂分泌が増加することがあります。そのため、洗顔後にはしっかりと保湿して肌を乾燥させないようにしましょう。化粧水だけで乾燥する場合は美容液、保湿クリームを使用します。ニキビがある場合はオイルフリーが理想です。

ピーリングすることでも皮脂分泌が活発になることがあります。角質は肌の水分を保持してバリア機能を高める役割があり、ピーリングのような角質を剥がす行為により、肌を保護するために皮脂分泌が活発になることがあります。ホームピーリングを行った場合は、いつも以上に保湿スキンケアを心がけましょう。

水分摂取で皮脂量を減少できる?

水分補給 水分をたくさん摂取することで、血中男性ホルモン濃度(主にテストステロン濃度)を下げることができます。男性ホルモンは皮脂分泌を促したり、角化異常(角質を硬く肥厚させる現象)を引き起こすため、水分摂取によって男性ホルモンの代謝を促すことで皮脂分泌が抑制できるかもしれません。

ただし、体調を悪化させてしまうレベルの過剰な水分摂取は控えましょう。水分摂取は、汗をかく夏場は1.5~2.0リットル、冬場は1.2~1.5リットルが目安です。