お茶はニキビ・肌荒れに効果がある?「にきびに効くお茶一覧」

肌の正常な新陳代謝を促すには適切な水分補給が必要です。人間の身体は6割が水分でできており、生理機能を維持するためには水分不足に陥らないようにしなければいけません。水分補給は、通常は水、ミネラルウォーターなどで十分だと思いますが、単に水を飲むよりも健康茶のほうが美容にも健康にも有効かもしれません。

水分補給に理想的なお茶のポイント

ノンカフェインであること
カフェインは胃腸を刺激する作用があるため、空腹時に飲むと胃が荒れてしまうこともあります。また、カフェインは自律神経に働いて交感神経を活発にし、覚醒作用を起こすため就寝前に飲用するのは適していません。

タンニンが少ない
タンニンとは、お茶などに含まれる渋味のある成分でポリフェノールの一つです。タンニンには健康効果がありますが、鉄分と結合して鉄の吸収を阻害する作用があり、鉄欠乏性の貧血の人ではタンニンの摂取を抑えたほうが良いとされます。特に、女性の場合は生理があるため、鉄欠乏性貧血に陥りやすい傾向があり、食事とタンニンが含まれるお茶の組み合わせには注意しなければいけません。

長く飲み続けられる
長く飲み続けられるためには、やはりおいしさも重要です。苦くて不味いお茶では飲み続けること自体がストレスになってしまうこともあります。

にきび・肌荒れに有効なお茶

麦茶

麦茶 麦茶は、焙煎した大麦の種子を煎じて作ったお茶です。日本では古くから飲用されてきた歴史があります。こおばしい香りが特長で、特に夏場になると冷やして飲用する人も多いでしょう。

麦茶の効果・効能
  • 血液をサラサラにする。
  • 抗酸化作用がある。
  • ノンカフェイン。
  • タンニンが少ない。

麦茶の最大の長所は、血液をサラサラにしてくれるところです。ドロドロした状態をサラサラにして血流を改善します。ただし、麦茶は時間が経過すると腐りやすい性質があることがデメリットです。


ハトムギ茶

ハトムギ茶 ハトムギは、穀類の中でも栄養価が高く、良質のたんぱく質、カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄、リン、カリウムなどを含んでいます。種子の部分は漢方の生薬名で「ヨクイニン」と呼ばれ、日本ではイボ取りの薬として利用されてきました。

ハトムギ茶の効果・効能
  • 乾燥肌、ガサガサ肌を予防する。
  • 肌荒れ、イボを予防する。
  • 血液をサラサラにする。
  • ノンカフェイン。
  • タンニンが少ない。

ハトムギ茶は肌の水分量を高め、乾燥肌や肌荒れなどに効果があるお茶です。また新陳代謝を高め、様々な肌トラブルを解決してくれます。さらに、体内の水分代謝を活発にし、むくみの解消にもなります。ハトムギはニキビ治療に有効だとされ、ヨクイニンとしてニキビ治療薬に配合されることもあります。


杜仲茶(とちゅう茶)

杜仲茶 中国では2000年前から薬として利用されてきた杜仲茶は、体内のコラーゲン生成を活発にさせる働きがあります。新陳代謝やターンオーバーの遅れで、ニキビなどの傷が治りにくくなってる人に適しているかもしれません。

杜仲茶の効果・効能
  • ビタミンCと強力してコラーゲンの合成を促す。
  • 血流を改善する。
  • ノンカフェイン。
  • タンニンが少ない。

どくだみ茶

どくだみ茶 昔から薬草として利用されてきたどくだみは、ニキビ、皮膚病、おでき、切り傷に効果があるとされています。どくだみ茶は利尿効果や解毒効果があり、体内の水分代謝を活発にして体内の毒素を排泄してくれます。

どくだみ茶の効果・効能
  • 身体の老廃物の排出を促す。
  • むくみを改善し、代謝を整える。
  • 血液をサラサラにする。
  • ノンカフェイン。
  • タンニンが少ない。

ルイボス茶(ルイボスティー)

ルイボスティー ルイボス茶(ルイボスティー)は、南アフリカのセダルバーグ山脈を原産とするマメ科のアスパラトゥス属の植物ルイボスの葉を乾燥させて作るお茶です。煮出すと赤みがかった色をしており、味はやや甘みがあり、ノンカフェインで、タンニンも少ないお茶です。そして、ルイボス茶には、抗酸化作用があり、老化防止やアンチエイジングに有効なお茶だといわれています。

ルイボス茶の効果・効能
  • 抗酸化作用がある。
  • 血糖値を抑制する。
  • 血液をサラサラにする。
  • ノンカフェイン。
  • タンニンが少ない。

だったんそば茶(苦そば茶)

苦そば茶 蕎麦(そば)にはルチン(ビタミンP)という成分が含まれ、ビタミンCの吸収や効果を高めてくれる働きがあります。だったんそば(苦そば)には、広く食べられている一般的な蕎麦(甘そば)よりもルチンがより豊富に含まれているとされ、その量は普通のそばの約8倍以上だといわれています。

苦そば茶の効果・効能
  • 苦そば茶に含まれるルチンには、血管を強化する働きがある。
  • シミ、色素沈着を予防する。
  • ノンカフェイン。
  • タンニンが少ない。

だったんソバ(苦蕎麦)の注目すべきところは、苦そばに含まれている「シス・ウンベル酸」という成分がメラニン色素を生成する酵素チロシナーゼの活性を阻害すると言われ、美白作用があることです。そのため、ニキビ跡の色素沈着、シミにも有効です。