【画像】鼻ニキビの原因と治し方「小鼻の吹き出物」予防と対策

鼻ニキビの画像 ニキビ・吹き出物は一般に皮脂分泌が多い部分に発生しやすいことで知られていますが、身体の中でも特に皮脂分泌が多くてニキビ・吹き出物が発生しやすいのが鼻・小鼻・鼻周囲です。

鼻ニキビは、皮脂汚れが詰まった黒ニキビ、白ニキビが多発しやすく、特に若い時期は毛穴が目立たないキレイな状態を維持するのは難しい部分です。

鼻ニキビの原因と特徴

鼻にきびの原因は過剰な皮脂分泌

皮脂 鼻ニキビの原因は皮脂の増加です。鼻周辺は身体の中でも特に皮脂腺が発達しており、皮脂分泌が非常に多い部分です。丁寧に何度も洗っても、毛穴汚れが溜まりやすい部分で、時間の経過とともに皮脂汚れが黒ずみとなってしまうことがあります。

皮脂は、男性ホルモンなどの性ホルモンの影響によって活発に分泌され、その男性ホルモンの分泌が増加する思春期からは皮脂量が増加してニキビができやすくなりますが、それと同時に鼻の汚れも目立つようになります。性ホルモンの分泌が活発な時期に鼻の皮脂量をコントロールするのは難しく、汚れを溜めないようなスキンケアを心がけるしかありません。

過剰な皮脂と鼻ニキビが発生する仕組み

鼻ニキビの原因は主に過剰な皮脂です。鼻にきびは以下のような仕組みで発生します。

にきび・毛穴汚れ・角栓形成メカニズム・仕組み 1男性ホルモンなどの影響で皮脂が増え、それとともにアクネ菌などの皮膚常在菌も増加する。
2アクネ菌などの微生物は皮脂を分解して遊離脂肪酸を産生する。
3遊離脂肪酸は肌を健康的な弱酸性に保つ働きがある一方で、時間の経過とともに刺激性が高くなり、肌のターンオーバーを乱す原因となる。
4遊離脂肪酸による刺激によって角質が過剰産生され、また角質が剥がれやすくなって毛穴内部に溜まり、皮脂を交じり合って角栓(ニキビの芯)を形成する。そして角栓が酸化されると黒ニキビとなる。
5遊離脂肪酸による刺激で角質が厚くなると、毛穴が塞がれるようになり、空気がない環境を好むアクネ菌が増加して赤ニキビが発生する。

遊離脂肪酸は皮脂中に20~30%含まれており、特にオレイン酸、パルミトレイン酸、パルミチン酸などの遊離脂肪酸が多く含まれます。その中で、特に刺激性が強いのがオレイン酸やパルミトレイン酸などの不飽和脂肪酸です。(不飽和脂肪酸は酸化しやすいためです)。実際に、鼻やその周辺にはオレイン酸などの不飽和脂肪酸が他の部位よりも多く存在していることがわかっています。

鼻ニキビは強い炎症ニキビになりにくい?

鼻の毛穴 鼻ニキビは炎症が進行した赤にきびになりにくい傾向があります。鼻の皮膚は他の部分よりも柔軟性、表皮の厚さ、ターンオーバーのスピードなどに違いがあり、毛穴が完全に塞がって炎症ニキビを起こすよりも、単に毛穴汚れ(角栓)が溜まって黒ずみとなっていく傾向があります。また、炎症ニキビができたとしても軽度の場合が多く、早く治りやすい傾向があります。

マラセチア属真菌による鼻周囲の炎症・皮膚の赤み

脂漏性皮膚炎・にきび ニキビの炎症は一般にアクネ菌の増加によって引き起こされると考えられていますが、マラセチア真菌というカビによってもニキビ・皮膚炎(湿疹)を起こす可能性があります。鼻ニキビや赤み・炎症の原因もマラセチア真菌が関与している可能性があります。

マラセチア属真菌(カビの一種)もアクネ菌と同様に皮脂を好み、皮脂を分解して遊離脂肪酸を生じ、それが皮膚に刺激を与えて炎症を引き起こすことがわかっています。脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)という皮膚病は、マラセチア真菌が大きな原因の一つだと考えられており、鼻や鼻の脇が赤くなる人はマラセチア真菌などの影響によって脂漏性湿疹を引き起こしている可能性があります。

アクネ菌やマラセチア真菌は皮脂をエサにして増加する性質があり、皮脂分泌が多くなるほど遊離脂肪酸も増加して皮膚に対する刺激性が高くなります。それによって鼻ニキビ、湿疹、皮膚の赤みなどが発生しやすくなるといえます。

胃腸の調子が悪いと鼻周辺や口周りにニキビができる?

鼻のニキビ 胃腸の調子が悪いと鼻周囲や口周りにニキビができやすくなるといわれることがあります。実際に胃腸機能の乱れで口周りや鼻の下にニキビができた経験をした人は多く、なんらかの関係があるのかもしれません。ところが、胃腸不良とニキビの関連性は、はっきりと明らかになっていません。また、身体に合わない薬の服用やサプリメントの過剰摂取などによっても口周り・鼻周辺にニキビ・吹き出物ができることがあるようです。

鼻ニキビの治し方・吹き出物対策

鼻にきびには洗顔が最も重要

鼻の洗顔 鼻ニキビの予防・改善には、洗顔によって皮脂を上手にコントロールすることが重要です。無添加石鹸などの刺激性が低い石鹸をたくさん泡立てて、こすらないように優しく洗いましょう。泡立てネットを使用することでキメ細かい泡がたくさん作れるようになります。

一日2~3回、石けんや洗顔料をたくさん泡立てて力を入れずに優しく洗いましょう。ゴシゴシ洗いや肌に負担をかける洗い方ではかえって皮脂分泌が促されたり、肌を保護するために角質が厚くなって毛穴つまりをまねくことがあります。

毛穴は温めると開きやすくなって汚れが落ちやすくなるため、洗顔前は蒸しタオルなどで顔を温めてから洗顔を行うと効果的です。また、お風呂では湯気がスチーム効果となって毛穴を開かせてくれるため、バスタイムに毛穴ケアを行うと効果的です。

鼻ニキビ・毛穴汚れにクレンジングオイルは有効?

クレンジングオイル 鼻ニキビを予防・改善するにはクレンジングオイルが効果的です。クレンジングオイルとはミネラルオイル、オリーブオイルなどをベースとして多くの界面活性剤(乳化剤)が配合されるクレンジング剤です。皮脂と同じ油脂成分を使用することで毛穴の汚れを簡単で効果的に落とすことができ、乳化剤が含まれていることから水でスルスルと洗い流すことができます。

毛穴汚れ・黒ニキビがたまりやすい鼻ニキビに非常に効果があります。週に1~2回などとペースを決めて行えば、しだいに毛穴汚れ、化粧汚れが改善され、毛穴の開きも縮小していくはずです。こすらずに優しくマッサージするように毛穴の汚れと馴染ませてクレンジングすると効果的です。

クレンジングオイルは落ちにくいメイクでも簡単に落とせることが人気の理由ですが、クレンジングオイルは必要以上に皮脂を奪ってしまうため、肌が乾燥しやすい人や肌が弱い人には不向きです。また、乾燥肌ではなくても使用後は必ず化粧水・美容液などでしっかりと保湿しましょう。そして、肌に対する負担が大きいため、やりすぎに注意しましょう。

鼻ニキビに毛穴パックは有効?

毛穴パック 鼻の黒ニキビを予防・改善するには定期的に毛穴パックを使用すると効果的です。ただし、毛穴パックの効果は一時的なものであり、なにより必要な角質まで剥がれてしまうことでかえって皮脂分泌を促したり、ターンオーバーを乱して毛穴つまりを促してしまう可能性があります。また、角質を無理に剥がす行為は、皮膚の赤み、色素沈着などを引き起こす原因にもなります。

皮脂が多い時期の鼻ニキビを治すには、毛穴パックよりも優しく皮脂や角質をケアするスキンケアを続けていくしか方法はありません。

鼻ニキビ・黒にきびは潰して押し出したほうが良い?

鼻の毛穴汚れ 鼻ニキビや毛穴汚れが目立つと、それを潰したり押し出したりしてニキビの芯(皮脂汚れ)を取り除きたくなるものです。実際にそういったことを行ったことがある人は多いと思います。ただし、ニキビの芯(皮脂汚れ)を押し出す行為は、一時的にキレイになったように見えても実際には皮膚を傷つけている可能性があります。

皮膚へのダメージが蓄積されると、しだいにシミ・色素沈着が現れたり、場合によっては年齢を重ねたときに皮膚が凹んできたりすることがあります。そのため、基本的に鼻の黒ニキビを押し出すようなことを何度も繰り返さないようにしましょう。

鼻ニキビにはリン酸型ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体ローション 過剰な皮脂による鼻ニキビを治すには水溶性のリン酸型ビタミンC誘導体が効果的です。ビタミンCには皮脂抑制作用、抗酸化作用(過酸化脂質抑制)、美白作用などがあり、鼻ニキビや跡ができにくい環境へと導いてくれます。皮膚科でもニキビ治療によく使用されます。

ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性がありますが脂性肌には水溶性が理想です。水溶性ビタミンC誘導体にはいくつかの種類がありますが、ビタミンCをリン酸と結合させたリン酸型ビタミンC誘導体が理想です。肌に塗布すると生体がもつホスファターゼという酵素によって結合がほどけ、ビタミンCが皮膚内部で有効に働くためです。

「リン酸アスコルビルMg」「リン酸アスコルビルNa」というように表示成分欄に「リン酸・・・」と表記されてあるものを選びましょう。
【Amazon】リン酸型ビタミンC誘導体10%ローション100ml

ビタミンB2、B6を摂取する

サプリメント摂取の写真 鼻ニキビを予防・改善するにはビタミンB2やB6の摂取が有効です。ビタミンB2は、補酵素として肌代謝に深く関与する水溶性ビタミンで、脂質の代謝に関与して過剰な皮脂分泌を抑え、皮膚の成長と健康維持の役割を担っています。また、過酸化脂質を還元する働きもあります。一方、ビタミンB6は肌作りをサポートして皮膚炎を予防する働きや、皮脂をコントロールする働きがあります。

ビタミンB2やB6が不足するとニキビ、口内炎、脂漏性皮膚炎、フケ症などを引き起こし、鼻や鼻周辺にもニキビやフケが増加することがあります。皮膚科医は、ニキビ、脂漏性皮膚炎などの治療に対してビタミンB2やB6を処方することが多く、それくらい皮膚の健康にとって大切な存在です。サプリメントを使用するのも一つの方法です。