【画像】化膿ニキビの原因と治し方「塗り薬・抗生物質」治療方法

化膿ニキビの画像 にきび・吹き出物が強く炎症を起こして腫れが長引くとニキビが化膿してしまうことがあります。化膿ニキビは皮膚に対するダメージが大きなものになり、にきび跡の赤みや炎症後色素沈着などもひどく残ってしまうことがあります。

そうならないために、化膿ニキビは早い段階で適切な処置をする必要があります。

化膿ニキビとはどんな状態?

化膿にきび ニキビには、皮脂汚れがつまった黒ニキビ、軽く炎症した白ニキビ、強く炎症した赤ニキビなどがありますが、化膿ニキビは赤く炎症したニキビがさらに進行し、皮膚が腫れて硬くなり、内部に膿をもった状態をいいます。膿が黄色っぽい色をしていることから「黄ニキビ」といったりします。

化膿ニキビは、にきびの原因となるアクネ菌と戦った白血球(主に好中球)の死骸や炎症部分の溶解によってネバネバした膿が皮膚内に溜まった状態で、非常に強い腫れを伴い、やや赤黒くなってしまいます。これは増加したニキビ菌(アクネ菌)を攻撃するための免疫反応によって引き起こされる正常な現象です。

化膿ニキビの悪化原因とは?

物理的な刺激によってニキビが化膿する?

化膿にきびの原因 ニキビは触れたりこすったりするような物理的な刺激によって悪化するようになります。ニキビはアクネ菌という常在菌がふさがった毛穴の中で増殖するために引き起こされ、最終的には免疫システムによってアクネ菌の増加が抑えられて炎症が治まりますが、炎症が起こっている時に物理的な刺激を与えると、免疫反応が過剰に働いてニキビの腫れが悪化し、化膿ニキビへと進行してしまうことがあります。

体質的な要因や病気の影響でも化膿ニキビになりやすい

体質的に皮膚の炎症が治りにくく化膿しやすい人がいます。何らかの要因で免疫力が低下して症状が長引くこともあるでしょうし、アレルギー体質などで免疫が過剰に反応して腫れがひどくなってしまう人もいると思います。また、病気の影響で炎症が進行してしまうケースもあります。

ニキビを潰すと化膿する?

ニキビはタイミングによって上手に潰せば早く治ることがありますが、ニキビの芯の排出が上手くいかずに失敗してしまうとニキビの炎症がさらに悪化して化膿してしまうことがあります。基本的にひどく炎症した化膿ニキビは潰さずに治療していくことが基本です。

化膿にきび・赤ニキビ対策

洗顔の時も皮膚に刺激を与えないように優しく洗う

洗顔・クレンジングの画像 洗顔の際に肌に負担をかける洗い方をしていると、それがにきびへの刺激となって炎症が進行してしまうことがあります。泡がクッションになるくらいに豊富でボリュームのある泡をたくさん作って化膿ニキビに刺激を与えないように優しく洗いましょう。

また、普段から肌を触る癖をなくして化膿ニキビに刺激を与えないようにしましょう。

化膿ニキビは冷やすと腫れが抑えられる

ローションパック 化粧水を冷蔵庫で冷やし、それをコットンなどに満たしてニキビにローションパックすることで化膿ニキビの腫れが治まるようになります。ニキビ以外の皮膚病変においても皮膚が腫れたら基本的に冷やすと症状がひどくならずに済むことが多いです。これは様々な生理活性物質や情報伝達物質の発生を抑えられるためです。

反対に、ニキビが化膿しているときにマッサージのような皮膚に刺激を与えたり、皮膚の血行を促して温めたりする行為はかえって化膿ニキビの炎症を悪化させることにつながります。

例えば、ヤケドしたら皮膚を冷水で素早く冷やすと腫れを抑えることができるように、にきびの腫れも冷やすほうが治りが良くなるのです。

ビタミンB2で肌のターンオーバーを整える

サプリメント摂取の写真 ビタミンB2が不足するとニキビが化膿しやすくなります。ビタミンB2は補酵素として炭水化物、たんぱく質、脂質の代謝に関与し、他にも過酸化脂質を還元する働きや、皮膚細胞・粘膜の再生・成長を促す働きなどを担います。不足すると皮脂が増加し、ニキビ、肌荒れ、口内炎などを起こしやすくなります。ビタミンB2は皮膚科におけるニキビ治療で積極的に処方されるビタミンで、それだけニキビの予防と改善に重要な要素をもちます。

ビタミンB2は、牛・豚・鶏のレバー、乳製品、納豆などに多く含まれます。また、サプリメントを利用するのも良いと思います。

ビタミンCは色素沈着を予防・改善する

化膿にきびにビタミンC ニキビの炎症反応によってメラニン色素が大量に生成されるようになりますが、それによってニキビ跡が色素沈着を起こしてしまうことがあります。これを炎症後色素沈着といいますが、ニキビが化膿した状態になるとかなりひどい色素沈着がシミ・黒ずみとなって残ってしまうことがあります。これを予防するためにはビタミンCが有効です。

ビタミンCにはメラニンを薄く淡色化する作用や、チロシナーゼ酵素を阻害してメラニン色素の生成を抑制する働きなどがあり、色素沈着が残りにくい環境を整えてくれます。また、ビタミンCには傷の治りを早めてくれる働きをもち、ニキビ跡が治りやすい状態へと導きます。

ビタミンCは、イチゴ、オレンジ、みかん、キウイフルーツ、グレープフルーツなどの果物類や、ピーマン、モロヘイヤ、キャベツ、ほうれんそうなどの野菜類に多く含まれます。また、サプリメント(健康補助食品)を利用するのも方法の一つです。その場合は一日300~500mg程度を目安に摂取しましょう。(ビタミンCは過剰摂取によって腹痛や下痢を引き起こすことがあるので注意が必要です)。

化膿ニキビに効く市販にきび治療薬

オロナイン軟膏 市販のニキビ治療薬によっても化膿にきびの炎症を抑えることができます。殺菌作用や消炎作用、角質柔軟作用がある製品が理想です。有名な商品では、「オロナイン」、「クレアラシル」、「ピンプリット」、「ビフナイト」、「ペアアクネクリーム」などがあり、それらはなんらかの殺菌成分が含まれ、ニキビの炎症を抑える働きがあります。

化膿ニキビは皮膚科で抗生物質を処方してもらう

カウンセリング写真 ニキビが化膿してしまった場合は、素早く皮膚科に受診することをおすすめします。病院でのニキビ治療は、炎症の度合いを診断して治療法が判断されますが、一般にひどくなった化膿状態のニキビには積極的に抗生物質が使用されることが多いです。抗生物質には外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)があります。

化膿にきびに効果的な外用薬・塗り薬(抗生物質・抗菌薬の種類)

  • ダラシンTゲル・ダラシンTローション・・・主成分:クリンダマイシン(リンコマイシン系抗生物質)
  • アクアチムクリーム・アクアチムローション・アクアチム軟膏・・・主成分:ナジフロキサシン(ニューキノロン系抗菌薬)
  • ゲンタシンクリーム・ゲンタシン軟膏・・・主成分:ゲンタマイシン(アミノグリコシド系抗生物質)

化膿ニキビに効果的な内服薬・飲み薬(抗生物質・抗菌薬の種類)

  • ミノマイシン・・・主成分:ミノサイクリン(テトラサイクリン系抗生物質)
  • ビブラマイシン・・・主成分:ドキシサイクリン(テトラサイクリン系抗生物質)
  • バナン・・・主成分:セフポドキシム・プロキセチル(セフェム系抗生物質)
  • ルリッド・・・主成分:ロキシスロマイシン(マクロライド系抗生物質)
  • ファロム・・・主成分:ファロペネム(ペネム系抗生物質)
  • クラビット・・・主成分:レボフロキサシン(ニューキノロン系抗菌薬)

抗生物質には耐性菌(抗生物質が効きにくい細菌)を生み出すリスクがあることから避けられる傾向にありますが、ニキビが強い炎症を起こして化膿している場合には積極的に使用したほうが良いケースがあります。耐性菌を生じないために短期間に限定して使用されます。

漢方薬が化膿ニキビ体質に有効なケースもある

漢方薬 にきび治療に漢方薬が用いられることがあります。漢方薬はニキビそのものを治すというよりもニキビの発生や悪化しにくい体質に導くものですが、人によってはわりと早い効果が現れることもあり、抗生物質と同じレベルの効果が得られるケースもあります。

化膿ニキビに有効な漢方薬は、荊芥連翹湯、十味敗毒湯、清上防風湯、排膿散及湯などがあります。病院で処方してもらえるほかに、一般的なドラッグストアや通信販売などでも購入できます。

化膿ニキビに有効な漢方薬一覧

  • 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)・・・皮膚の腫れ・炎症をしずめる作用により、ニキビが化膿しやすい人に有効な漢方薬です。体力が中程度の人に向きます。
    【Amazon】ツムラ 十味敗毒湯エキス顆粒24包

  • 排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)・・・炎症が進行して痛みを伴うような化膿ニキビに有効な漢方薬です。体質的に体力が中程度の人に向いている漢方薬です。
    【Amazon】排膿散及湯エキス錠260錠

  • 清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)・・・上半身、特に顔の熱を発散させ、皮膚の腫れ・炎症をとる働きがある漢方薬です。体力がある人で過剰なエネルギーによってニキビが化膿しやすい体質に向きます。
    【Amazon】ツムラ 清上防風湯エキス顆粒24包

  • 荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)・・・体の熱や腫れを発散し、皮膚の炎症を抑える効果や解毒作用、血流促進作用などがある漢方薬です。化膿ニキビの腫れを抑えます。体力が中程度くらいで血行が悪く皮膚の色が浅黒い人に適しています。
    【Amazon】ツムラ 荊芥連翹湯エキス顆粒24包