ニキビ跡・大人にきび・吹き出物・クレーター凹み・肌荒れ・毛穴ケアとスキンケア方法まとめブログ

ニキビ跡治療法・毛穴スキンケア

ニキビ・吹き出物 にきびとは、皮脂汚れや角質などで毛穴がふさがれ、毛穴内で細菌が繁殖して皮膚が炎症をおこす疾患で、アクネ(acne)、面皰、初期段階ではコメドとも言い、一般的に青年期のものを「にきび」、成人の場合は「吹き出物」と呼んだりします。

にきびは皮脂腺が多い部分である顔、頭、背中、胸などに出来やすく、特にホルモンバランスが乱れる思春期に多く出来やすいことで知られています。

また、「アダルトにきび」と呼ばれる思春期以降に出来るにきびに悩む人も増えており、思春期に出来るにきびのように皮脂分泌が原因ではない場合もあります。大人のにきび・肌荒れは、ストレスや紫外線、食生活、お化粧、間違ったスキンケアなどが原因になることが多いようです。

にきびが出来る仕組み

ニキビの仕組み にきびは古い角質や皮脂汚れなどによって毛穴がつまり、皮脂の出口がなくなることで発生します。毛穴が塞がれると、空気のない場所を好むにきび菌(アクネ菌)が大量に発生して皮膚に炎症を引き起こし、赤いニキビへと発展させることもあります。

赤く炎症したニキビがさらに悪化すると化膿したニキビへとつながり、化膿したニキビは色素沈着が長引いたり皮膚がクレーター状になるなどのニキビ跡もひどくなります。

ホルモン分泌が活発な時期は過剰な皮脂によってニキビができやすく、皮脂分泌が少ない時期にはターンオーバーの乱れによってニキビを誘発することが多くなります。また、ストレスや紫外線などによって生成される過酸化脂質の増加などもニキビの原因になります。

ニキビを予防するには毛穴の汚れを溜めないためないような洗顔や古い角質を溜めないスキンケアが必要になります。また、皮脂を酸化させ新陳代謝を乱すストレスや紫外線対策も必要です。

ニキビ跡・クレーターができる原因は?

ニキビ跡のクレーター・皮膚の凹み画像・写真 ニキビの原因となるアクネ菌が増加すると、白血球は活性酸素を放出してアクネ菌を攻撃し、最終的にはアクネ菌が死滅してニキビの炎症が治まります。この免疫システムがあるからこそニキビの炎症が広範囲に拡大することなく自然に治っていくのですが、アクネ菌を死滅させるために放出される活性酸素には皮膚を破壊するほどのダメージがあります。

活性酸素の影響によって真皮層のコラーゲンが硬く萎縮して瘢痕化し、皮膚がクレーター状に凹んだ状態になることがあります。特に、にきびの炎症が進行して化膿したりするほどニキビ跡の凹みが大きくなることがあります。

また、にきびの炎症によって受けたダメージを修復するために放出されるサイトカインが過剰に働いてコラーゲンが過剰に生成されるとケロイド・肥厚性瘢痕という盛り上がった傷跡を形成してしまうこともあります。(多くの場合は進行性のない肥厚性瘢痕であり、進行性がありしだいに拡大傾向があるケロイドとは区別されます)。このニキビ跡のケロイドといった現象は、アレルギーの要因が影響しているといわれています。

皮膚科での一般的な治療法

病院・皮膚科でのニキビ治療 ニキビ治療においていくつかの治療が国民保険適応で認められています。ニキビを皮膚科で治すといった概念がない人も多いですが、化膿ニキビや繰り返し発生する難治性ニキビの場合では皮膚科での治療が有効です。

病院でのにきび治療は、外用薬(塗り薬)でいえば、イオウカンフルローション、外用抗生物質のダラシンTゲル、外用抗菌薬のアクアチムクリーム、ディフェリンゲル(一般名:アダパレン)などが有名です。これらは保険適応です。

また、内服薬として抗生物質が使用されることがあります。アクネ菌に良く効く種類の抗生物質が処方されますが、抗生物質には耐性菌を生み出すリスクがあるため、近年ではニキビ治療に抗生物質は控えられる傾向があります。ただし、化膿したニキビが多く発生した場合には抗生物質の使用が理想的だとされます。

他にも、女性の場合はニキビ治療に低用量ピルが用いられることがあります。女性のホルモンバランスが安定しないことが肌荒れの原因だとして、女性ホルモンを補って男性ホルモンを抑制することでニキビが落ち着いてくるといわれています。

ニキビに対するホームケア・スキンケア

ニキビケア・ホームケア ニキビの多くは病院に行かなくても、通常は数日~10日程度で炎症が治まって自然に治っていくものです。ニキビやニキビ跡ができる本質を理解していれば、皮膚科に行くことなく自分でケアできます。

ニキビ・吹き出物などの毛穴トラブルを治すには、まず洗顔が第一です。洗顔によって毛穴の皮脂汚れや古い角質を落とすことで、毛穴が塞がれにくい状態を保つ必要があります。また、例えニキビができたとしても、それに刺激を与えないようにしなければいけません。なぜなら、ニキビは物理的な刺激によって炎症が悪化するためです。

そして、一般にニキビを潰すと跡になることがあります。そのため、ニキビは潰さずに治していくことが基本です。ただし、ニキビの炎症が悪化してしまう前に早い段階でニキビの芯(にきびの膿)を排出してしまえば、早くキレイに治ることも多いです。ただし、無理に押し出したりするようなことは絶対にしないようにしなければいけません。

ニキビ跡の赤みや色素沈着の治療方法

ニキビの赤み・色素沈着 ふさがった毛穴でアクネ菌が増加すると、白血球が活性化して活性酸素を放出し、アクネ菌を攻撃して炎症をしずめます。この時に放出される活性酸素によって肌細胞、コラーゲン組織、血管などが損傷してしまうのですが、ニキビ跡の赤みは血管の損傷によるものです。月日の経過とともに改善傾向がありますが、なかなか治りにくい場合は、IPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を用いた治療が有効です。

また、アクネ菌を攻撃するために放出される活性酸素によってメラノサイト(メラニン色素を作り出す細胞)が刺激を受け、それが活性化してメラニン色素を大量に作り出します。これが肌に残ってしまったのがニキビ跡の色素沈着(シミ)です。炎症後色素沈着といったりします。

この炎症後色素沈着を治す方法も、IPL治療や、レーザートーニングといった優しいレーザーを使用した方法がなどで改善効果が期待できます。

にきび跡(クレーター凹み)も治せるようになった

ニキビにおいて一番の悩みが、炎症後の赤みや色素沈着、クレーター状の凹みなどの跡が残ってしまうことです。特に大人になって出来るニキビは新陳代謝も衰えてることから治りにくく、跡になりやすい傾向があります。

フラクショナルレーザー ニキビ跡治療 以前では改善しにくいとされていたにきび痕でも、現在では様々な治療法が確立し、適切な治療を行えば元の綺麗な肌状態を取り戻せる可能性が高くなっています。

にきび後のクレーター状の凹みには、ダーマローラーやフラクショナルレーザー(フラクセル、アファーム、CO2フラクショナルレーザー)などの皮膚の入れ替え(スキンリプレイスメント)を促す治療法が最も有効だとされます。

その中でも特に、ダーマローラーと、CO2フラクショナルレーザーは従来では難しかったニキビ跡の深い凹みに対しても劇的な効果を得られるようになっています。それらは非常に痛みが強くてダウンタイムも長くなる難点がありますが、非常に高い効果を得られるニキビ痕治療として確立されています。

また、コラーゲンの生成を劇的に促進させるサーマクールやフォトRFなどの高周波治療などの治療法も、凹んだ皮膚をきれいな状態に改善できる効果が期待できます。

にきび後の赤みや色素沈着にはフォトフェイシャルという光治療が効果が高く、にきび跡を改善する治療法として多くの美容クリニックで用いられています。